消費者金融 借り換え

更新日:2014/12/22

消費者金融での借り換えの新常識とは


 複数の金融業者からお金を借りていると、どうしても月々の返済が高くなってしまいます。そうなると家計のやりくりが難しい事もありますよね。実は、これを解決するための現実的且つとても良い用法があります。それは、債務の一本化を目的とした借り換えです。これができれば、月々の返済額を低く抑える事ができ、必要な用途にまわす事ができるようになります。

 でもほとんどの人は経験がないので、実際どのような手続きをするのか分からないでしょう。そこで、ある消費者金融での実際の手続きの流れを述べさせていただきます。まず、消費者金融に事前にインターネットを利用して申し込みをします。そして、審査を通る可能性があれば、実際に窓口に訪問し手続きをする事になります。その際には、通常の借入の時と同じように、申込書に年収や勤め先など必要な情報を記入します。そうして最終的に審査を通ればお金を借り換える事ができます。実はここからが、通常の借入と異なる点です。それは新常識とも言える事ですが、あくまで返済のみができるという事です。つまり、いくらか返済したからと言って、追加で借りる事はできないという事です。また、現金を借りられるわけでもないです。これも新常識と言えますが、消費者金融が、これまでの借入先に対して直接返済するのです。債務を増やす事なく、確実に他社の返済にあてるためです。



アコムは三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融です


アコムという消費者金融会社はよくテレビコマーシャルなどもしており、皆さん1度は目にしたり耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。この会社は三菱UFJファイナンシャルグループに属している、大手企業なので安心感があります。アコムというと、イコール「キャッシング」というイメージが強いかもしれませんが、キャッシング以外にもクレジットカードの発行(利用上限300万円までで、年率10.0〜14.6%、最短即日カード発行。明細書の送付がないのでプライバシーが守られます。)やビジネスサポートローン(個人事業主に対して年率12.0%〜で融資を行います。)、借り換えローン(複数のローンを1本化して返済額や金利を下げる方法で、1〜300万円まで利用でき、年率は7.7〜18.0%です。)なども扱っています。しかし、やはり主な事業は一般的なキャッシングで、これは20〜69歳までの収入や返済能力があると認められた方が対象で、1〜500万円まで融資可能で、用途は自由です。利用限度額内なら何度でも利用でき、担保や保証人の必要はありません。利息は日割り計算で、年4.7〜18.0%です。返済に関しては、ホームページの返済シュミレーションを利用すると便利です。店舗・ATM・ネット・お電話・郵送などで申し込みや返済が可能で、いつでもどこでも利用出来ます。最短30分での審査回答が可能で、即日融資も出来ます。また、会員限定のサービスとして、メールでの返済日お知らせやネットでの残高照会なども出来ます。さらにホームページ上で、融資可能かどうかをたったの3秒で診断することも可能です。

アコムのサイト




キャッシング並びに審査についてです


手持ち資金が不足して、生活必需品が買えないような事態に陥った場合には、キャッシングをして資金を借りるのが一般的です。キャッシングをするといっても、数多くの金融機関が提供しているので、事前にインターネットを使用して評判などを参考にしてから、契約先を決める必要があります。大抵の金融機関に関しては、年会費などを徴収していないので、気軽に契約を結ぶ事が可能です。契約だけでもしておく事により、突然の出費が生じて資金が不足した場合においても、迅速に対処する事が可能となっています。借り入れ先の目星が付いたのであれば、申し込みをして審査を受けるのが一般的です。審査については厳しくないので、安定した収入があり勤続年数が長ければ、問題なく合格する事ができます。ただし、別の金融機関でもキャッシングをしている方に関しては、審査が多少厳しくなるので注意が必要となります。無事に審査に合格をして借り入れをしたのであれば、返済を進めていく事が求められます。返済期間に関しては長く設定されているので、無理なく完済する事が実現できます。返済期日を厳守しないと延滞金を支払って家計の負担が大きくなるので、注意をしなければならないです。利用規約を厳守した上でキャッシングを利用していれば、トラブルを招く事が皆無なので安心できます。借金をしているという自覚を持って、返済期限を厳守する事が債務者としてのマナーである事を理解しておくことが大事です。

キャッシングの審査:モビット、プロミス、アコムを比較